<χ-ser Devil 2003年 10大ニュース>

女性ボーカル murasaki参加
念願の女性ボーカルが2002年11月末に決まった。なんと!応募者8名!! 最後の2名でメンバー間での意見が真っ向から対立!! 接戦の末、murasakiに決定したのであった。

χ-ser Devil サイト・リニューアル! ドメイン取得!
女性ボーカル murasakiはなんと!プロのデザイナーだった!! そんな彼女をコキ使ってχ-ser Devil サイトがリニューアル。今日(12月31日現在)昼の12時現在で約35500を超えるアクセス数。

キーボード tori参加
某大手板でmurasakiが引っかける。2○ゃんから来たキーボードはあっという間にバンドのいじられキャラに!

アコギユニットWAIL(ウォイル)発動!
名前の由来は水(WATER)と油(OIL)。初ライブは、萌え系2バンドとの対バンというこれまた異色の組み合わせだったが、そのお客さんにも受けは すこぶる良かった(らしい)

年5回+1回のミッション&ライブ強行
・・・いい気になってお誘いで来る話のうち、日程やメンバー予定が噛み合わないもの以外は受けちゃったものだから・・・後の祭り・・・。そういった意味でも来年への反省点はとっても重要!!

ヘルプに助けられた年!
女性ボーカルの産休・ドラムの急な脱退・ギターの中国緊急出張など、予想だにしない事態が多かった2002年。でも、忙しい中、快く(しぶしぶ?)ヘルプを受けてくれる暇人…じゃなかった、方々がいて、命拾い!?

女性ボーカル murasaki出産
3400g(でかっ)の男の子! めでたい!! カイザードと事務局の錺の2人で、赤ちゃんの顔を拝みに行ってきました!これでχ-ser Devil メンバー&ブレイナーの子供って4人目!子持ちバンドバンザ〜イ!! ちなみに来年も一人生まれます!!
さて、メンバーのうち誰のお子様でしょう?!

某巨大サイトで話題に!!
良くも悪くも注目されてるってことなんですかね。
今後の活動の参考の一つにさせて頂きますです。

転勤・脱退・休業宣言相次ぐ!!
ブレイナーのハーミット氏の3月の急な転勤に始まり、
GETCHAの中国出張に至るまで、5度の緊急事態勃発!!
・・・明日は我が身!?

強力な仲間が増殖中!
今年に入ってビデオ&カメラ専任のはんちゃん、照明のDragonさんのブレイナー参加が決まり、サポートメンバーもどんどん強化されています。
・・・ってことは 演奏もそれに負けないように上達してる?
メンバー??

朱に染まれば赤くなる、の例え通り、悪人・カイザードのバンドに入ったjunkieも悪の道を驀進(どうもモトから素質があったらしい)。ネットを徘徊してイタイケな女の子を次から次へとダマくらかし、オーディションを決行、なんと八人もの犠牲者が。結果、蜘蛛の巣にかかるがごとくからめ取られたのが現女性Vo、MURASAKIである。加入後、コイツもやっぱり赤くなり、今度は自らが蜘蛛オンナとなって、あろうことか2ちゃん・・・・・・ブツッブツブツッ、つーっつーっつーっ(つづく)
MPRでのコーフン覚めやらぬままに、ナンとも信じられない話がχ-ser Devilに舞い込んで来た。かのクッシーこと串田アキラさんのバックで演奏! …という、まさかの事態がジツゲンしてしまったのである。串田さんのイベント「君もソロで 唄うゾ!第3弾」。4曲だけの演奏とは言え、χ-ser Devil、アニソンバンド冥利に尽きる出来事でありました。
身のほど知らずの追加公演「Multiplies Remix〜増殖するMISSION」開催。ナンとまたまた三五さんもいっしょっ! ありがたいことにミッションは満員御礼、札止め状態。こ、このままでいくと、もしかしてもっと大きいハコを探さなきゃダメ? …ぬぁんて図々しいことを考えるχ-ser Devilであった(爆)。それにしてものサプライズは、お客さんの間にドヨメキが起こった例の事件である。ミッションラストに読み上げられた、一通の祝電。あ、あの、串田アキラさんからであった。く、くっしー、ありがとうございます〜m(_ _)m
B.F.S、給食当番とのアニソン・バンドのみのイベント『アマチュア アニメソングバンド フェスティバル(A・A・F)』開催。ナンと声優の三五美奈子さんがゲスト出演を快諾、χ-ser Devilのステージに立ち、「愛・おぼえていますか」ほかを熱唱(今度は可憐な美人声優がカイザードの毒牙に…あーーーれーーー)。このライブ、ナンともありがたいことに、会場キャパオーバーのお客さんがチケットを所望してくれ、悪ノリしたχ-ser Devil、ナンとムボーにも単独の追加ミッション決定!
ドラマー・ジェミニに続き、またもやカイザードに騙され、ツイン・ギターならぬダブル・ギターGETCHA & JUNKIE加入。GETCHAはゲッターロボと星矢とビートルズをこよなく愛し、ナニかというと古谷徹の声色を真似るおかしなヤツ。片やJUNKIEはアニメとヘヴィメタルを溺愛する屈折オトコ。
このふたり、 当初は仲睦まじいフリをしていたが、しょせん水と油、現在ではいがみ合っており、練習で顔を合わせても口も聞かず、裏に回ると互いの悪口を言いふれまわっている。しかし、そのマイナスパワーがステージではなぜかプラスに転じるところがχ-ser Devilらしい。
カイザードの口車に乗せられ、ジェミニ、ドラマーとしてχ-ser Devilに参加。王道アニメを愛する美大出身の才媛である。
しかし朱に染まれば…(爆) ナンとも気の毒な話である…。
χ-ser Devilに改名後、事実上の初ミッション「You are the ANIME SONGS Kids!」(直訳;「おみゃーはアニソンで育ったガキンチョだみゃあ」)開催。ナンと会場には、故「長谷有洋」さんのお母様(故「はせさん治」さんの奥様)がお客様でいらしていて、「マクロス」を演奏したとたん大粒の涙を流しながら聴いてらしたという。…お母様を泣かすとは…カイザード、やっぱり大悪人である…が、ホロリとさせる逸話ではある。
Teg The BLACK-SAN(当初はインテグラルと名乗った)参加。ナンと参加当時は未成年。コドモである。年端もいかぬ未成年者をたぶらかすとは、カイザード不届き千万! …さらにその後、Tegがカイザードの大学の後輩であるという、なんの得にもならぬことが判明。
ちなみに彼の名は"BLACK SUN"ではなく、「ブラックさん」と読むのが正しい発音(用例:「おい、ブラックさん、酒買ってきてくんなっ!」)。「闇夜のカラス」とも呼ばれるくらい「黒」を愛し、黒以外の色の服を着ているところを見た者はない。冠婚葬祭には便利だろうが、三十九年後にはそのポリシーも崩れるであろう。彼は二十一歳である。
カイザード、性懲りもなく新バンド結成。そしてさらにッ! アメリカ帰り(ドロンパか)の"歩くアニソン魂"ナッキー復活!! この頃から「ナッキー=宇宙戦艦○マト」説が囁かれ始める(終わったと思うとまた出る、の意)。アニソン無き米国の地でストレスを溜めにためた怨念を爆発させる。

さらにさらに、カイザードの裏工作(!)が実り、ルシファーがバンドに参加。カイザード…極悪人である(爆)。カイザードとルシファー・ザ・デビルが揃い、バンド名をχ-ser Devil(かいざー・でびる)に改める。
χ-serd Brain、内部分裂で解散。ニンゲンカンケーって難しいっ
χ-serd Brain、「ミレニアムだよ!アトリエピーチ2000」に招待バンドとして参加。東京・渋谷TAKEOFF7にてプロ声優らと共演。
サウンド・ファクトリー・イベント・スペースにてライヴ。主催は現χ-ser DevilのVo兼SAXプレイヤー、ルシファー・ザ・デビルが在籍していた「SABU-minal」。
新キーボードを迎え、χ-serd Brain心機一転のライヴ。カイザードはこのころからライヴと言わずに「ミッション」などと呼称し、誰にもわかんないところにコダワリを見せ始める(爆)。
ちなみに、ミッションとは「使命」のことである。「指名」ではない。ピン○ロで「ユミちゃんミッション!」などと言っても通じないので注意。(注;ユミちゃんはフィクションであり、実在の人物とは関係ありません)
大事件勃発! ナンと、ナッキー御大結婚(!)。ご主人の転勤(USA!)に同行のため、バンド離脱が決定に。バンドメンバー、"歩くアニソン魂"との別れを惜しみ、泣く泣く12月の結婚式直前に「ナッキーさよならライブ」と銘打ち、宮地楽器ZIPPAL HALLにてライヴを強行。あまりに直前のライヴだったため、VoのMARIO女史、ステージで「なんで(こんな時期に)ナッキーここにいんの?(笑)」と宣う。有終の美を飾り、ナッキー伝説はここで幕を下ろした…かに見えたが…。
ライブレポはコチラ
χ-serd Brain事実上のセカンド・ライブ「BATTLE HEAT LIVE in ZIPPAL HALL」開催。共演は「Delicious」。 ライブレポはコチラ
χ-serd Brain、「コミックマーケット2前夜祭」にてバンドお披露目ライブ。このときの他の出演は破裏拳竜氏、豪快な歌声サマ等、今となっては老舗クラスの方々であった。場所はナゼか東京・晴海界隈ではミョ〜に有名な「ホテル浦島」披露宴会場(!)。
メンバー全員がコスプレで参加、ナッキーはレオタード姿で「Cat's Eye」のキャラ・泪姉さんに扮したが、追っかけが異常発生、楽屋に幽閉状態になるという経験をしたそーな。ナッキーねーさん、Sexyだったのよん
ライブレポはコチラ
カイザード、解散を乗り越え、執念でメンバーをかき集め、ゾ○ビのごとく復活。新アニソン・バンド結成! バンド名をχ-serd Brain(かいざーど・ぶれいん)に改める。このバンドで女性ボーカルを務めたMARIO女史は現在活躍中のプロ声優。
内部分裂のため、Goblin Queen事実上解散。カネがらみともオンナがらみとも言われるが、真相は闇の中である。しかし、決して「音楽性の違い」などという高尚な理由でないことだけは確かである。
東京・渋谷のライヴハウスLa-mamaにてライブ。共演はフツーのロック・バンド。どのバンドよりもYou & Emerium Rayのウケが良かったことに味をしめ、カイザード、有頂天に。
ライブレポはコチラ
Goblin Queen、東京・御茶ノ水の宮地楽器ZIPPAL HALLにて2ndライヴ開催。対バンはアニソン・バンド「X-RAY」。
ライブレポはコチラ
一度かぎりの企画物アニソン・バンド「You & Emerium Ray」結成。
Goblin Queen 2ndライヴを前に、合宿スタジオ「NEVER LAND」にて合宿を決行。なんと合宿所のオーナーがBROAD-WAYのギタリスト・松尾洋一さんと知って、カイザード狂喜。ミーハー魂大爆発でサインをねだりまくり、同行メンバーのどヒンシュクを買う。
東京・駒込サウンド・ファクトリーのイベントスペースにて1stライヴ開催。しかし、この時の模様は音源も映像も残ってはいない。幻のライヴである(と、書いておこう)。
ライブレポはコチラ
待ちに待った募集記事掲載。この記事に不運にもひっかかってしまった美女がひとり。その後"陰の大ボス"として君臨することになる、"歩くアニソン魂"ことナッキー・ザ・ゴッドハンドその人である。「記事を見たとき、『これぞ天職!』って思ったのよ〜」。うーむ、ナッキー御大らしいお言葉である。他のメンツも苦労の末にナンとか揃い、χ-ser Devilの前身バンド・Goblin Queen(ガブリンクイーン)がついに誕生した。
カイザード・ザ・リアル、大好きなアニメソングをカヴァーするバンドの結成を決意。周囲の人間に声をかけるも、「なにィ? アニソン〜?」と白い目で見られ、後ろ指を刺される(石も投げられたらしい)。泣く泣く雑誌「バンドやろうぜ!」のメンバー募集欄に藁にもすがる思いで投稿。